スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.05.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    心50%

    0
      JUGEMテーマ:人間関係




      心50%。これは何の事かというと人に対する想いというか依存心というか

      人と関わる上で人へ対する心の距離感と言う事か。

      一見、冷たくも寂しくも感じてしまうだろうが僕は親に対しても心50%を心がけている。



      以前こんな事があった。僕の仕事は10時と15時の休憩時に職人さんに

      ジュースをよく出すのだが、1本150円のジュースを10人いたとして

      一日二回の休憩に出すと3000円。これもお小遣いの中からやっていることなので

      正直ばかにならない金額なのだ。

      その日は本当に手持ちが無く、10時の休憩のジュースを買ってしまったら

      自分の昼飯の弁当が確実に買えなくなる!!と悩みながらもジュースを買い

      昼飯時には「僕!弁当持ってきてるので車の中で弁当食べますね!!」なんて嘘をついて

      車の中で休憩をしていたことがあった。

      そんな風景を僕の日頃のパートナーと言うべき職人がしっかりと

      見ていたようで、その日の夜10時ごろに突然電話してきて

      「弁当1つ作るのも2つ作るのも同じだから!おまえ明日何が食べたい!!?」

      なんて連絡してきたのだ。

      その時は気持ちだけ頂き、気を使わせてしまった事への謝罪と感謝を

      お伝えして事はすんだのだが、電話を切ってから嬉しくて涙が出たのを

      未だに鮮明に覚えている。




      でも・・これって今まで毎日親がしてくれてたよね?

      学生の時なんかはあたりまえの様にお母さんが作ってくれた弁当を持って

      家を出てたんじゃないかな?しかも入ってたおかずに文句まで言った事がある人

      多いのではないですか?(笑)

      人ってあたりまえになってしまうと依存心・甘えから感謝の気持ちも待てなくなるし

      ちょっとした事を言われただけでも凄い剣幕で親やパートナーに怒ってしまう

      もんなんです。

      変な物ですよね・・これが他人意識がある方だと自然と感謝の心も持てて

      有難うの一言も言えるのにあたりまえになってしまうとそれが突然できなくなってしまう。



      だから心の中で半分の50%にして、良い意味で半分他人にしてしまえば

      いいことなんです。それを心がけるんです。


      あたりまえなんてこの世に一つもありません。

      自分の周りでアクションが起こったら、それがどんな些細な物であっても

      その裏には必ず人の大きな労力と想いが隠れています。



      心50%♪ たったこれだけですが、それをするだけで身の回りの

      さりげなく見守る方の優しさや想いに気付き、自然と感謝の言葉も

      いえるようになるでしょう♪ 心半分にしたのに、以前より心が豊かに

      なっていることにもね♪


        ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村


      痛い・・とにかく痛い・・・

      0
         

        こんな事記事にする事でもないのだが、余りに痛いので・・・

        15年ほど前に左肩甲骨の靭帯を切ったことがあり、

        それから慢性化してしまった・・・

        その時の診断は過労からの物だった。

        そういえばその五年後にも両手の痺れで病院に

        行った時も頚椎のレントゲンもとったりなんか

        したのだが結局過労。

        左腕の筋肉の肉離れの時も過労。

        今までちょっと無理をしすぎたか・・・?

        30〜40代で過労でポックリ逝ってしまう事も

        増えてきているので少し気おつけねば

        それで、現在負傷している痛みなのだが

        肩甲骨の靭帯は首の神経とも繋がっている為

        首から肩、背中までに筋をちぎられているかのような

        痛みが走る横になる事もできなければ、

        まともに座っている事もできない

        寝るときも壁に首を固定して座って寝る。

        一度横になんかなったら最後。一人では

        起き上がる事ができない

        人に声をかけられて、無意識に首を数ミリ

        動かそうものなら大惨事となる。

        とは言っても家でボサーッとしている訳にもいかず

        今日は午後から予定が開いたので、

        人の介護的なものをしてきた。まるでロボットのように・・・

        明日も予定があるので、寝なければと思うのだが

        寝ているときが、一番無防備で本当に恐ろしい

        一晩で4〜5回は悲鳴と共に起きることになる

        どうにかならないものか?この身体




        初体験

        0

          JUGEMテーマ:今日の初体験


          久々の更新

          来週から始まる予定だった仕事が、急遽、今週の頭から始まる事になってしまった。

          月曜日に会社に行ったら「今日からになったからすぐ行ってくれ!!」・・・

          レスキュー隊じゃあるまいしすぐに行けるか!ドアホウ!

          レゴブロックで家建てる訳じゃあるまいし

          でも、そんな事言ってても始まるんじゃしょうがないし

          すぐに取り掛からないと土曜日も仕事になってしまう

          ずーーーーーーーーっと楽しみにしていた今週土曜の

          現代レイキ、レベル1の受講ができなくなるのはそれこそ

          とんでもない話だ。意地でも一日分詰めてやろうと毎晩晩くまで

          作業してたおかげで久しぶりの更新になってしまった

          でも、無事仕事のほうは今日で目処がついて、予定通り

          土曜日はレベル1を受講できそうだよかったよかった

          そんな訳で本題の「初体験」

          初体験といっても多分みんなが想像しているだろう僕の

          の初体験の話などではない。そんな事誰も興味ないだろうし

          本人が一番そんな気色の悪い思い出なんぞ思い出したくもない

          初体験とは先程も話した、月曜から始まった現場での出来事だ。

          その現場で初対面の監督に挨拶をさせて頂いたのだが、

          いきなり、おまえ呼ばわり訳も解らずいきない凄い剣幕で怒鳴られた

          なんなんだこいつ・・・ 壊れてるぞ・・・

          本当に小さい犬ほどよく吼える。

          こいつはポメラニアンか?こいつはポメラニアンか?こいつはポメラニアンか?

          こんな事を考えていたら怒鳴られている最中に笑がこらえられなくなり、

          どうにか押し殺したのだが、プスプス吹いてしまいだから余計に怒る怒る

          余は、俺は怖くて、ここでは一番強くて偉くて・・・その他もろもろ

          そんな事を言いたいだけだろう。常に殿様にしててあげないと

          機嫌を悪くするタイプ一日中話す内容と言ったら、

          人を威圧する話と自慢話そんな中、突然その監督に呼ばれ

          何を言うのかと思いきや、「おまえ〜俺の虐められ役な〜おまえは虐められキャラだからよ〜」

          生後38年間初の虐められキャラすっっっごい新鮮

          これぞ初体験

          僕は今この新鮮な虐められキャラを全力で演じている

          僕を知る回りの職人は全力で笑を押し堪えている

          だがアホの相手は疲れる疲れる現場の目の前が公園でよかった

          休憩時間に公園内の林でリフレッシュ&写真撮影

          強引な展開だがその写真をアップします







          何か出てきそうですね。















          ランキングに参加しています
          より多くの貢献になりますように
          おねがいします

            人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
          にほんブログ村


          大黒柱

          0
            JUGEMテーマ:貢献・貢献心・貢献する気持ち


            最近、大黒柱って見ることなくなってしまいましたね。

            今では古民家などでしか見ることができない大黒柱。

            家族間の中でのお父さんを大黒柱に例えますが
            実際の建築構造では大黒柱をつなぐ梁(横木)
            や、柱と梁をつなぐ取り合い部分(継ぎ手、仕口)が
            重要な役目をしています。
            ※継ぎ手、仕口とは、よく釘を使わない造りってききますよね。
            木と木をパズルのようにオスメス組み合わせて
            固定する造り。


            柱をつなぐ横木を同じ長さにする事により
            地震などで家が傾いても柱を中心として
            力が作用し、また元の形に戻ります。

            取り合いの部分も、釘などを使って完全に固定しまうと
            力がそこに集中していまい取り合い部分の破壊に至ってしまいます。
            仕口にする事により、遊びが力を程よく逃がす役割をしています。

            柱だけではなりたたないのです。

            なんかこの古民家の造りって家族間や人間関係に
            にていませんか?

            手を取り合う部分が梁であって、継ぎ手、仕口
            部分が、相手を理解しようとする心だったり許す心だったり
            そして大黒柱が自分ですね

            何もお父さんだけが大黒柱ではありません。
            この社会では一人一人みんな大黒柱です

            こんな時代だからこそ、自己主義にならず
            みんなが手を取り合い、そして支えあう
            古民家の柱と梁の関係が、これからの
            社会を支えるのかと思います。

            人との出会いと全ての繋がりに感謝!」感謝!
            今年もどんな出会いがあるか楽しみですね

            このブログがより多くの方の貢献になりますように
            よろしくおねがいします
                 ↓↓↓

               人気ブログランキングへ

            あなたのベクトルは内?外?

            0
              JUGEMテーマ:貢献・貢献心・貢献する気持ち


              日々誰もが歩む中で、ベクトルが内に向かっているか?
              外に向かっているかと言うことは、人生そのものに
              大きな影響をあたえることになる。

              人生みな平等と言われるが、実際のところ
              何をもってして平等なのか不平等なのかを
              計る計りは存在しない。

              それは各個人での見解でしか計れないだろう。

              その見解であるが、唯一計れるとすれば
              ベクトルの方向性だと僕は思う。

              たとえば、二人の人がいたとして、
              二人に100万円を差し上げたとする。

              片方の人は一晩の内に高級クラブで
              派手に100万を使い果たしてしまう。

              もう片方の人はその100万を元でに
              一年後3000万円に膨らましたとする。

              100万を一晩で使い果たした人は
              何の経過も知らず、一年後に
              3000万を握りしめる人を見て
              まちがいなく不平等だと言うだろう。

              でも、もし仮に3人目の人がいたとして、
              その人は頂いた100万円を寄付したとする。

              その3人目の人は3000万を握りしめる
              人を見て不平等だと言うだろうか?

              寄付が正しい悪いの線引きではないのだが、

              僕はどうしても3000万を持つ人を見て、
              よく頑張った立派な方なんだな。
              と微笑む3人目の方の顔を連想してしまう。

              僕は昔から人の相談にのり、
              アドバイスさせて頂く事が本当に多く、
              周りの人からそれを仕事にした方がいい。
              とアドバイスされる程、人が多く集まってきてくれる。

              それはそれで本当に有難いことなのだが、
              長年、人の話を聞いてる中に、共通点を一つ
              みつけた。

              ベクトルが内に向かう割合が多い人ほど
              悩みも多く、その問題に対する本質的な解決策がない。

              そのような人に必ず言わせて頂いているのは
              感謝と反省の心を持って下さい。
              その一言だけだ。

              感謝と反省の心を持つだけで、ベクトルが
              内に向かう人の悩みは、ほとんど解決されて
              しまうと思っている。

              実際に「癒し」一つとっても、
              癒されたいとされたい病は100%人の手を
              ゆだねているだけであって、結果、ヒーラー、セラピスト、
              カウンセラー占い師の食べ歩きが始まる。

              ベクトルが外に向かう割合が多くなればなるほど
              自分の事で悩んでいる暇などなくなるのだ。

              ベクトルが外に向かった時、そこから得られる
              人の笑顔や、感謝と反省の心を持ったとき
              そこに生まれる努力でしか本質的な癒しは
              ないのだと思う。

              人間誰でも歩めば壁が立ちはだかるものだが、
              努力してそこを乗り越えた時、初めてその
              壁に感謝ができる。

              それが人間関係ならば、あの時は悔しくて
              恨んでいたけど、あれがあったから今自分は
              こうしていられるのだと思ったとき、その人に
              対して深い感謝を感じる事になる。

              物事をオセロのこまのように白黒決めるのも
              結局は自分次第なのだ。
              黒く見えてた物が自分の努力によって
              白くみえる。そこから勝ち取れる物が
              本質的な癒しではないかと思う。

              自分自身の事は自分でしか癒せない。
              そして努力なしには本質的な癒しは
              存在しない。

              そんな歩みを続けている中で、ヒーラー、セラピスト、
              カウンセラー、占い師の方などにゆだねるのではなく
              お手伝いをして頂いていると言う感謝の気持ちが生まれ
              よき関係を築けるのではないか。

              ベクトルの方向性、感謝と反省の心、努力。
              僕にとっても人生での大きな課題だ。
              これからもそこを大切に歩む中で
              気付いた事を惜しみなくこのブログで
              シェアしていきたいと思っている。

              そして、そんな事を少しでも自分に取り入れる
              だけで、人生、歩む事がもっと力を抜いて
              楽に歩めるよ
              と言うことを多くの方に知って頂けたらと
              心から願っている

              でも、心のレストランに集まってきてくださる方は
              みな自分の事をよく解っていて、こんな事言われる
              までもない人が多いですよね

              偉そうな事言っちゃってすいません

              今、そら豆を茹でながらふと思った事をシェアしました


              このブログがより多くの方の貢献になりますように
                      よろしくおねがいします
                              ↓↓↓
               
                 
                                人気ブログランキングへ 

              僕が一番欲しかったもの

              0

                JUGEMテーマ:槇原敬之


                僕が一番欲しかったもの     

                槇原敬之/作詞・作曲



                さっきとても素敵なものを拾って僕は喜んでいた

                ふと気が付いて横に目をやると誰かがいるのに気づいた

                その人はさっき僕が拾った素敵なものを今の僕以上に

                必要としている人だと言う事が分かった

                惜しいような気もしたけど

                僕はそれをあげる事にした

                きっとまたこの先探していれば

                もっと素敵なものが見つかるだろう

                その人は何度もありがとうと

                嬉しそうに僕に笑ってくれた


                その後にもまた僕はとても素敵なものを拾った

                ふと気が付いて横に目をやるとまた誰かが居るのに気付いた

                その人もさっき僕が拾った素敵なものを今の僕以上に

                必要としている人だという事が分かった

                惜しいような気もしたけど

                またそれをあげる事にした

                きっとまたこの先探していれば

                もっと素敵なものが見つかるだろう

                なによりも僕を見て嬉しそうに

                笑う顔が見れて嬉しかった

                結局僕はそんな事を何度も繰り返し

                最後には何も見つけられないまま

                ここまで来た道を振り返ってみたら

                僕のあげたものでたくさんの

                人が幸せそうに笑っていて

                それを見た時の気持ちが僕の

                探していたものだとわかった

                今までで一番素敵なものを

                僕はとうとう拾う事が出来た



                僕の大好きな槇原敬之さんの曲です。
                今の日本は先進国と言われ
                何不自由な事はない国へと変わりました。
                だが、現状は第二次世界大戦後の日本。
                目に映るものさえ違うが
                先人が造りあげたあの時の状況と
                何一つ変わらないのではないか?
                日本の経済は崩れ、いろんな意味で
                再建を必要としている。
                先人が命を削り、この国を造りあげ
                たった65年で崩れる姿を
                見ながら旅立ってゆく。
                僕も祖父を去年亡くしたが、
                ニュース番組を見ている時に
                寂しそうな表情をする
                祖父を何度か見た。
                先人があの時してくれた様に
                今、僕達も政治家のせいにするばかりでなく
                「自分の一歩が、その周りに小さな笑顔を生む」
                小さな貢献かもしれない。
                しかし一人一人がそんな小さなことを
                大切にできた時、大きな貢献となり
                自らの一歩で変えられ、先人たちに
                恩返しができるのかもしれない。


                このブログがより多くの方の貢献になります様に
                クリックおねがいします!!
                ↓↓↓


                                         人気ブログランキングへ  

                僕!ハゲてます!!

                0
                  JUGEMテーマ:コンプレックス


                  単刀直入に  僕!ハゲてます!!

                  これは19歳の夏の事。

                  朝目覚めると、かつらをとったかの如く
                  髪の毛が抜けていた。

                  枕元には髪の毛の束が・・・

                  皆様。人間本気でビビッタ時、無意識に出る言葉って
                  御存じでしょうか?

                  お母〜さ〜〜〜ん!!!!

                  この一言です。

                  鏡を見て本気で思った。「誰?このおっさん??誰?!誰?!」

                  まだ、あどけなさが残る19歳。これからもっと
                  お洒落もしたい、恋もしたい19歳で一夜にしてハゲ頭。

                  とりあえず病院に行った所、精神的ストレス性のもの
                  と言われた。

                  建築も毛根も偽装は嫌いなもので、バリカンを
                  購入しその日のうちに頭を丸めました。

                  それから19年。3千円のバリカンを3回買い換えただけ。
                  計、9千円。経済的なハゲ頭である。

                  けど、正直24歳までのコンプレックスは本当にきつかった
                  外に出るのが嫌で嫌でしょうがない時期もあった。

                  そんな最中、世界数千店舗を誇る、某大手アパレルメーカーに
                  入社した。

                  そこでの経験が僕の人生を変えたといっても過言ではない。

                  接客中はどちらにしてもハゲ丸出しである。
                  隠してもしょうがないので逆にユーモア的にハゲを
                  ネタにお客様に声をかけてみた。

                  そしたら何と!お客様の心の扉が開き、薦めた物が
                  飛ぶように売れる!!

                  自分で公開しただけでは相手に気を使わせてしまうだけなのだが、
                  公開して、まず自分で笑うと、人は必要以上に笑う!笑う!

                  結果、4年連続販売コンテスト1位!!の結果を出せた。
                  2位に倍以上の差をつけての大量売上!!

                  その時確信した。 

                  「ハゲは俺の最大の武器だ!!」

                  それからハゲ頭は僕のトレードマーク

                  もし、神様に「君に毛根をさしあげよう
                  と言われたら、

                  間違いなくご丁重に「結構です
                  と言うだろう。

                  この時期に同じ職場で、このブログにも毎回
                  コメントを書いてくれている僕のかけがえのない
                  親友、ugayさんにも出会った。

                  僕は何物にも変えられない大きな宝物を沢山見つけた。

                  身体は過酷な労働、大きなストレスに
                  一生懸命必死になって戦ってくれている。

                  その代償としていろんな形で反応が出ると思う。

                  しかし、その代償にいつまでも目をそむき、
                  コンプレックスを感じ続けているだけでは
                  身体がかわいそ過ぎる。そして何より
                  自分がかわいそ過ぎる。

                  日々のケアはもちろんですが、
                  どうにもならないものならば、
                  皆様にもコンプレックスをチャームポイントや強みに
                  するくらい真剣に見つめて頂きたい。

                  そしてその壁を越え、自分を高められた時、本当の意味で

                  身体に、そして自分自身に

                  ありがとう!!

                  って言ってあげられるのだから







                  台風直撃‼ 想い出の星空

                  0
                    JUGEMテーマ:ちょっといい話


                    今、犬を庭にだして空を見上げたら
                    素晴らしい星空だったので、毎回
                    綺麗な星空を見るたび思い出す事を
                    お話しします。

                    僕が中学生の時に友達数人で
                    神津島にキャンプをしに行った。
                    もう24年前の事である。

                    その時はあいにく台風が接近していた為
                    船の中は船酔い客で地獄絵図。

                    どうにか島には付いたのだか
                    段々と風と雨も強まり夜には台風直撃‼

                    テントも無残に破壊され、人間の重みで
                    どうにか飛ばされずに留まっている。
                    まるでゴミ袋頭からかぶって台風の中、
                    外であぐらかいている状態!

                    時間にして夜の10時くらいの出来事なのだが、
                    そこで僕の記憶が途絶える。

                    気づいた時には僕は完全に水中‼
                    目を開けるとボヤけて前がまったく見えない。
                    プールに潜って水中から空を眺めている様な
                    状況で、僕は「ここ何処だろう?」
                    ぐらいな感じでしばらくそのまま考えていた。

                    ようやくお目覚めで、起き上がってからがビックリ‼

                    僕はテントの中で完全に爆睡していた・・
                    しかも10時〜8時まで10時間も台風の中で‼

                    起きた時には、テントの中に水が溜まり、
                    かろうじて鼻と口が水面から出ていて呼吸を
                    していた様である。目は完全に水中‼
                    水に浸かっていた部分は見事にシワくちゃ。

                    大慌てで友人を救出しなければと
                    外にでてみると、見事に荷物も友人も
                    跡形もない。あるのはでっかい生ゴミ
                    の如く転がっていた僕のテントだけ。

                    ピンッと来て探したら予想的中!
                    近くの温泉に全員で10時の段階で非難していた。

                    何故一緒に連れて行ってくれなかった・・・?
                    激しく問うと「おまえ凄く気持ち良さそうに
                    寝てたから」って・・そういう問題か‼
                    散々やりとりして1人づつ頭こずいてから
                    僕も何もなかった顔で温泉に浸かった。

                    その晩はまだ風も強かったので近くの
                    海沿いに掘っ立て小屋の飲食店があったので
                    お店の爺ちゃんと婆ちゃんに訳を話して
                    店の裏のスペースにテントをはらしてもらった。

                    その晩はそのお店で名物の鳥餃子だの何だの
                    散々食べて、爺ちゃんと婆ちゃんと昨夜の
                    出来事を話しながら夜の時間を満喫した。

                    そしてその時に見た星空が今だに忘れられたい。
                    天の川、人工衛星までも見え、10秒に一度くらい
                    の割合で流れ星が流れる。横浜ではなかなか
                    見られない夜空だ。

                    夜空の情景に加え、爺ちゃん婆ちゃんとの
                    空間、友人との台風ハチャメチャ出来事。
                    いろんな事が僕の想い出のキャンパスに色を
                    落としてくれている。

                    それから5年がたち、僕たちはまた神津島に
                    行く事になる。その時はさすがに民宿だったが
                    島に着いて1番に足を運んだのは
                    爺ちゃんと婆ちゃんの古ぼけた掘っ立て小屋の店。

                    まだやってるか恐る恐る行ってみると
                    掘っ立て小屋に電気がついてる‼
                    涙が出る程嬉しかった!

                    店に入ると、その日は他のお客様で混んでいて
                    爺ちゃんと婆ちゃんは忙しそうに小さい店の中を
                    小走りしていた。

                    忙しそうなのもあったし、5年前の事なんて
                    覚えてないだろうと、僕は声をかけるのを
                    やめ、かき氷だけ食べたら店を出ようと考えていた。
                    本当に二人の元気そうな姿を見れただけで
                    幸せだったのだ。

                    忙しい中、僕が注文したかき氷がテーブルに
                    来たのだか、それを見てビックリ‼

                    他のお客様はよくあるかき氷のガラスの器で
                    食べているのだが、僕のかき氷は
                    何と‼ラーメンドンブリで出て来た‼
                    しかも富士山の如くてんこ盛り‼
                    全部の味のシロップがかかっている!

                    僕は唖然として「何ですか?」
                    とたずねると、爺ちゃんと婆ちゃんは
                    シワくちゃの笑顔で、
                    「あんたの顔忘れる訳ないだろ」って。

                    その時気づいたのだが、爺ちゃんと婆ちゃんは
                    僕が来た事にすぐ気づいた様で、逆に
                    驚かそうとデカイドンブリでかき氷を作り、
                    忙しいにもかかわらず一つのドンブリを
                    二人で持って来てくれた。

                    あれから数十年時間がたち、今では人並みに
                    美味しい物も食べ、有名レストランにも
                    足を運んだ。
                    でも、僕にとってあれ以上のおもてなしは
                    今だに無い。多分これからも無いだろう。

                    古ぼけた掘っ立て小屋の店だったが、
                    僕にとっては最高級のレストラン。
                    心のレストランだ。

                    その時は人目気にせず泣きながらかき氷を
                    食べた。どうやっても涙が止まらなかった。

                    そしてその時の夜空も5年前と何も変わらず
                    輝いて僕を出迎えてくれた。

                    これが僕の淡い想い出なのだが、一緒に行った
                    友人と話をすると、僕が水中の中で寝ている
                    強烈な印象しか出てこないらしい(笑)
                    悪気は無いのだかみんなすまん‼




                    いざ出陣‼ やる時はやる‼

                    0
                      JUGEMテーマ:スタンス 最近バタバタで更新できませんでした。 今もまだ外なので携帯からの初更新です。 ちゃんとできてるか不安です。 本日のタイトルの「いざ出陣‼」「やる時はやる‼」 日本人の美徳とも言えるセリフです。 「いざ‼」に動ける事は頼りがいある人間として 今でも人間の価値として根底にありますね。 確かに立派な事ですが、僕は日常の中で、 「いざ無く出陣‼」を心掛けています。 単純にいざを作らない‼ スポーツ選手、格闘家、アーティスト、にしても 怪我をしてでも試合に出場してたり、ステージに 立ってる姿は言葉に変えられない感動があります。 ただ、その逆に一見目立たないのですが、 いつもGOODコンディションでこなしてる人も またこれ美徳かと思います。 日常的な事で言えば、常に家族に笑顔で いってらっしゃい‼ 頑張ってらっしゃい‼ と言ってもらえる自分である事。 言ってもらう事はあたりまえの事ではない。 常日頃の自分から始まる行動や気配りで 成り立つものである。 ミュージシャンで例えるならば、険悪な 状態で家を出ても、お客様にplusの音を 届ける事は難しいだろうと思う。 基本となる家を気持ちよくでれたならば 奏でる音は歴然の差だ。 自分自身のコンディションそして 身の回りのコンディションを整え、 「いざ無く出陣‼」 一見地味だが、本当のプロ根性を感じる。 最後に「いざ」なのだが、小さい「いざ」は 毎日何個も転がっている。 【家族、パートナーへの感謝の言葉】 【取引先への一本の連絡やFAX】 【上司への報連相】 そんな小さな「いざ」を先延ばしする 事なく、今できる「いざ」をこなす事で、 「いざ無く出陣」と言うスマートな スタイルが確率できるのだと思う。

                      営業マン

                      0
                        会社にいると連日営業マンがたずねてくる。

                        事務作業をしながら話を聞いていると見事にマイナスな話題のみ!!

                        マイナスなネタを探しては足を運んでるのか?とさえ思ってしまう。

                        インターホンが鳴り、ドアを開けるなり(いゃ〜いゃ〜いゃ〜参りましたよ〜〜) 

                        なんて感じ。そのままチョーパン入れてドア閉めてやろうかと思うが、

                        とりあえず中に通し、社長との会話を聞いている。

                        酷いときは一時間近くも参りましたよ〜の連発である。

                        途中の会話は内容が同じなので記憶に残らない。

                        そして散々喋ったあげく営業マンが残していくのは

                        スーツに浸み込んだ煙草の香りと、マイナスの空気だけである。

                        息子の様に可愛がっている家の犬でさえ、帰宅すると家の中が寒かろうが暑かろうが

                        毎日同じテンションで出迎えてくれる。人間で言ったら宝くじに当った程の

                        テンションだ。ドアを開ければ一瞬にして暑いか寒いかなんて事は解る。

                        業務外の話題でも構わないから、暖かい活きた情報を一つ持ってきた方が

                        その行動力と時間に対して、おたくに発注しようと思う気持ちにさせられる。

                        もっと自分を通して背景を見られている意識を待たないといけない。

                        営業マンをみて会社を見ている物だし、会社を見て従業員をみているものである。

                        『素晴らしい営業マンだな。経営者の方は立派な方なんだな。』と言った具合に。

                        恋愛でも同じく、娘が付き合っている彼氏を見てその親を見る。

                        親を通してその息子を見る。その逆も同じですね。   

                        『若いのにしっかりした青年だ。きっと両親もしっかりした方なんだろうと。』

                        それは社長だろうが従業員であろうが立場的な問題ではない。

                        現に外国の方は菅総理を見て我々国民を見ている。

                        大事なのは背景を見られている意識。ここでもまた意識だが、

                        一人ではない意識を持つ事で自分の気を引き締め、背景に写る物に

                        対して最大の貢献ができるのだと思う。

                        僕も、出会った方が暖かい気持ちになって頂ける様に、宝くじが当ったくらいの

                        勢いで毎日で迎えてくれるチビ二匹を見習おう。


                        1

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        27282930   
                        << September 2020 >>

                        本棚

                        カウンター

                        ブログパーツUL5

                        今日の感謝

                        いつでも里親募集中

                        いつでも里親募集中

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • お風呂の愉しみ♩
                          Can☆
                        • やっぱり。。。。
                          DAI
                        • やっぱり。。。。
                          maki
                        • やっぱり。。。。
                          DAI
                        • やっぱり。。。。
                          DAI
                        • やっぱり。。。。
                          しゃぼんmama
                        • やっぱり。。。。
                          aco
                        • 心50%
                          みい
                        • ブログ開設1周年♪
                          maki
                        • ブログ開設1周年♪
                          クウニイ

                        recent trackback

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR