スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.05.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    新年一発目!!の記事!!

    0


      皆様改めて新年明けましておめでとうございます

      今年も家族健康で新年を迎える事ができました

      本当に有難いことです。

      先程いろいろブログを検索していたのですが
      どのブログも新年のハッピーな記事ばかりでした
      お正月っていいですね

      読んでいて温かい気持ちになれました

      っっって事で、臨死体験の記事を書こうかと思います

      正月にまったくかぶってなくてすみません
      人の読んでたらお腹いっぱいになっちゃいました


      これは僕が中学3年の夏の事・・

      友人と二人で鵠沼海岸に海水浴に行った

      海は遠浅で浜から100メートル以上は離れていただろう。

      そんな所まで調子に乗って友人とはしゃぎながら
      足が届かぬところまで来てしまった。

      みるみる内に水かさは増し、浜に戻ろうとしても
      まったく進まず

      助けて〜〜と叫んだが声も届かず

      友人はどうにか足の届くところまでたどり着き
      浜に戻る事ができた。

      僕は友人の背中を見ながらどんどん力が抜けていく。

      よく水死は苦しくないと言われるが実際に
      苦しいどころかフワッーと気持ちが良かった。

      苦しいのはもがいている時なのだが、必死で
      苦しさなんて感じている暇がない。

      気付くとフワッーと心地よさを感じていたのである。

      その時には既にまったく力も入らず、
      自然の力に身を任せるだけの状態だ。

      僕は水中から空を見上げ

      「なんてキラキラ綺麗なんだろう

      時間にして何秒だか検討はつかないが、
      そんな事を感じながら
      水面から出る自分の右手の映像を最後に
      暗闇の世界に足を踏み込んだ・・・



      僕は暗闇に一人でたたずんでいる

      まだ自分に何があったのかはりかいしていない。

      ここは何処?何で暗いの?

      とキョロキョロしているのだが、なぜか気持ちは
      落ち着いていた。

      すると、左右頭上に突然カメラのフィルムを
      引っ張り出したかの如く映像が流れ始め、
      その映像を懐かしく、まるで香りたつコーヒー
      を飲みながら好きな映画を家でみているかのように
      落ち着き、心地よささえ感じながら見ていた。

      その映像なのだが、自分の記憶ではまったく
      思い出すことができない僕が生まれてからの
      記憶がそのフィルムには記録されているのだ。

      物凄いスピードで流れるが、不思議と全て
      理解している。

      本当に懐かしい。

      お爺ちゃんが僕を抱っこして笑っている。

      お婆ちゃんが僕をおんぶしてねかしつけている。

      お父さんとお母さんが車に乗っていて
      僕は後部座席から両親を見ている。

      深い懐かしみを感じている中、
      その左右頭上に流れるフィルムは
      僕の正面で一つに重り、静止した。

      その静止した一枚の画像を見て
      僕は愕然とし、初めて現実を
      突きつけられる事になる。

      その映像は僕の葬式の映像だった。

      両親も祖父も祖母も喪服を着て僕の
      棺の前に崩れ伏せている。

      そこで初めて、海で溺れて死んだ事を
      悟った。

      「あーーやっちまった・・・」

      お母さんになんて謝ろう・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・

      ゲボッ!!ゲボッ!!
      僕はサーフボードの上で海水をこれでもか
      と言うほど吐いている。

      なんだ????

      僕は背中に痛みを感じ後ろを振り返ると
      僕の背中をサファーのお兄さんが
      バンバン叩いているのだ。

      どうなってるんですか??!!と尋ねると・・
      今思い出しても鳥肌が立つ。

      「水面に人の手だけが出てるように見えた。」

      僕が水中から最後に見た映像と
      同じ瞬間にこのお兄さんは見たことになる。

      しかもかなり遠くにいたと言うのだ。

      普通なら波も立っているし、肉眼で見える
      距離ではないのに、何で見えた気がしたのか?
      お兄さんも不思議だと首をかしげていた。

      そして念の為見えたところまでパドリングで進み
      水中に顔を突っ込んだ所、僕が海底で倒れているの
      を発見したらしい。

      まさに奇跡だ。

      そして30分くらいかかり浜にたどり着いた。

      恥ずかしい話だが人が死ぬと身体のものが
      全て出ると言うが、サーフボードの周りには
      僕のでいっぱい・・・
      しかもずーーーーっとまとわりついてくる。
      恥ずかしさのあまり「どけーーっ!!」と言っても
      まったく状況は変わらず・・むしろ変な空気が・・
      30分間も自分のウンコを他人様に見続けられる
      経験なんてもう死ぬまでないだろうと思う。

      浜にたどり着くまでの30分間
      ありがとうを言う事は忘れ、
      ひたすら30分間ウンコのことを謝っていた

      まともにお礼を言えたのは浜についてからの事、
      ちゃんとお礼をしたいのでとお兄さんに名前と
      住所を聞いたが、お兄さんはニコッと笑って
      「そんな事気にするな!生きてて良かった!」
      と僕に告げ小走りで立ち去ってしまった。

      たぶんシャワー浴びに行ったんだな・・・

      それは冗談として、全て誰かがシナリオを
      書いてるかのような出来事だった。

      そしてこの事件の直後から
      スピルバーグの映画の中に飛び込んで
      しまったかのような不可思議な
      出来事が始まるのである。

      何が現実で何が現実でないのか、
      境の解らない世界が・・・



      何だか三流のサスペンス小説のようになってしまいましたが
      本当にこれをきっかけに僕の日常が大きく変わってしまった。
      あれから数十年たったが何かしらのメッセージだったんだろうな
      と今は思う。現在、全ての出来事を全てが真実、現実として
      受け入れ、歩んでみようと思っている。


      って事で今年もよろしくお願いします


      このブログが多くの方の貢献になりますように
             よろしくお願いします
                   ↓↓↓

                人気ブログランキングへ

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.05.01 Tuesday
        • -
        • 22:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        あけましておめでとうございます
        今年もよろしくお願いします
        早速、今日から仕事始めでした
        クリスマス前からずーっと体調がすぐれず
        遂に熱が出て今日は帰って寝込みます。。
        年末はずーっとバタバタだったので、
        今年はまず、体調を整えるところから
        スタートです
        では近々会えるのを楽しみにしています
        • Ugay
        • 2011/01/02 5:38 PM
        ugayさん!あけましておめでとうございます!
        新年早々ご苦労様です。

        体調しっかり整えてこれから一年を歩む
        準備をしてくださいね!

        僕は6日から仕事始めです。
        もう少しゆっくりさせて頂きます(笑)

        • DAI
        • 2011/01/02 6:07 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        本棚

        カウンター

        ブログパーツUL5

        今日の感謝

        いつでも里親募集中

        いつでも里親募集中

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • お風呂の愉しみ♩
          Can☆
        • やっぱり。。。。
          DAI
        • やっぱり。。。。
          maki
        • やっぱり。。。。
          DAI
        • やっぱり。。。。
          DAI
        • やっぱり。。。。
          しゃぼんmama
        • やっぱり。。。。
          aco
        • 心50%
          みい
        • ブログ開設1周年♪
          maki
        • ブログ開設1周年♪
          クウニイ

        recent trackback

        recommend

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR