スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.05.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    OOOO過ぎる占い師ー隆之介

    0
      JUGEMテーマ:占い



      1月5日に記事にした再発性多発性軟骨炎の署名のご協力、引き続きよろしくお願いします 

      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



      昨年10月に銀座で開催された経営者の交流会で占い師の
      隆之介君に出あった。

      僕は少し遅れて行ったのだが、着いた時には僕と隆之介
      君の対面がセットアップされており、隆之介君と1時間
      話して他は何もせず帰って来るという、隆之介君に
      出会う為に銀座行ったのかな?と思わずにはいられない
      不思議な出会いをした

      僕は今まで占い師の方に占って頂いた際、
      必ず最後には占い師を僕が占い、
      「勉強になりました!!」
      と言う形で終わる

      占いの勉強はしたこと無いし、
      そんな気もまったく無いのだが、
      気がついてしまった事をお伝えしていると
      そんな結末になってしまう
      占い師の皆様、申し訳ありませんでした

      ただ、この時は珍しく隆之介君の話に
      のめりこみ気がついたら1時間もたっていたのには
      自分で驚いてしまった

      たぶん始めての事だと思う。

      言ってる事が的中なのはもちろんなのだが、
      隆之介君の言葉が、僕のヘンテコなレーダーに一度
      も引っかかることなく、すっーーっと心地よく
      入ってくる

      話始めて数分で運命的な物を感じてしまった

      言葉にすると簡単で胡散臭くて運命的と言う言葉は好きでは
      ないが、あえて言うならば、この運命的出会いの時は
      必ず同じ感覚、匂い、高ぶりがある。

      PLUS−LUXSのMAKIちゃんの時もそうだった。

      そういえばこの二人に会ったのって金色のペガサスと
      鳳凰の夢を見た後の同じタイミングだったなー

      いろいろと他にも意味はあるのだが、馬と鳳凰の夢の
      共通点は、近未来の大きな状況変化のお告げ。
      と言う意味があるので、二人との出会いは
      鳳凰さんからのプレゼントだったんだろう

      そんな隆之介であるが、一昨日僕が記事にした
      再発性多発性軟骨炎の記事を
      隆之介のブログで転記してくれていた

      昨晩僕も気がついたのだが、見たときは
      嬉しくて嬉しくて夜中に一人で奇声をあげてしまった

      その後もメールで隆之介君とやり取りをさせて頂いたのだが
      その中で、「命」 「生きているではなく生かされている」と言う
      ことに感謝。と言う隆之介君からのメールの内容に
      昨晩からいろいろと考えさせられる中で、
      本日早朝に一本の電話が入った。

      僕と年も変わらない、ずっと一緒に仕事をしてきた
      職人さんが昨晩風呂の中で亡くなっていたと言う連絡だった。

      なんで?まだ40じゃん?子供二人まだ幼いじゃん?
      年末、ちょっと前に一緒に仕事したばかりじゃん?
      なんでだよっ!!!

      今日一日そんな事が僕の頭の中をグルグルと
      駆け巡る中で、昨夜の隆之介君の言葉を思い出した。

      「命」
       「生かされている事に感謝」

      いま現在もまだ整理できず、これが本当に運命だったのか?
      まだ生きられたんじゃないのかよっー!!?
      と言う気持ちも正直あるのだが、

      僕もよく言わせて頂いている、

      「あたりまえである事があたりまえに機能してくれている
      事は奇跡。何より有難い事。」

      あたりまである感謝の思いと、いかされている感謝の思いを
      痛烈に感じる一日であった。

      人の一生は本当に解らない。
      この大宇宙の中のワンシーンでしかない僕達の時間。

      僕は「今世とは?」と質問されたら
      間違いなく「来世の準備」と答えるだろう。
      これは不思議と昔から自然とそう感じてしまうのだ。

      職人さんが忘れ物無く、全部リュックに詰め込んで
      身支度をすませている事を心から願ってしまう

      こんな大事な気付きをくれた隆之介君と職人さんに
      ご冥福を祈ると共に、心から感謝!!

      それにしてもシンクロ、タイミングとは怖いものだ


      ※PS 今記事を書いている時、本が本棚から一冊オモイッキリ落ちた
      というより飛んだ。物理的にはありえない
      しかも落ちて開いたページは蓮の花の写真のページだった
      職人さんも読んでくれたようです
      最後の最後にまた一緒に仕事ができたね!!ありがとう!!

        隆之介君のブログ
        ↓↓↓
            
           OOOO過ぎる占い師ー隆之介
       
            http://blog.qlep.com/blog.php/180166


      このブログがより多くの方の貢献になりますように
      よろしくおねがいします
      ↓↓↓


      人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.05.01 Tuesday
        • -
        • 22:13
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは。
        お知り合いの方が亡くなられたとのこと…。
        つらいですね。
        人の死には、どうしても時には理不尽さを感じてしまいます…。

        でも、私も、DAIさんと同じような死生観を持っていて…。
        今、自分自身がしていることが来世へとつながると信じています。
        そう考えると、本当に“今”を大切にしなければ…と思いますよね。

        それにしても、DAIさんには不思議なことがたくさん起こりますね ^^
        わ〜すごい…と思いながら、読ませていただいています。
         
        DAIさん
        お疲れさまです!
        僕も3年前に友人が亡くなりました。
        私がドイツに留学する際、Bob Marleyのキーホルダーを壁にたくさん集めたコレクションの中から無造作に取って、
        「行ってらっしゃい!」
        と言ってくれた事を今でも鮮明に覚えている
        そして、海外に全く興味をもたない人だったが、ドイツは大好きで、ドイツだったら行ってもイイ。とも言ってました。
        2年の留学中にその友人は癌を患い、必ず復活すると勝手に感じてしまう程のパワーの持ち主だっただけに、また回復した時にでも
        ゆっくりビールを飲みながら話そう。なんて
        勝手に思っている最中、友人は他界してしまった。気がつくと今まで、お土産産業の代物としか思っていなかった、キーホルダーがお守りとなり、心の支えとなっていた事にきづいた。
        亡くなった後に、ドイツの話もしたかった。
        なんで、そんな大切なキーホルダーのお返しも出来なかったのか?と自分を責めた時期もありました。
        たくさんの後悔(というか、してあげたかった)
        が僕の中に充満しましたが、友人の両親を見た時に僕以上にもっともっとしてあげたい(させてあげたい)事がある事を感じた時、
        私にも、まだまだたくさん出来る事がある事に気づきました。
        そして、友人の亡くなった際に断髪し、取ってあった髪の毛を再度ドイツに行った祭にライン川にながし、ドイツ土産のキーホルダーを友人のキーホルダーコレクションに紛れ込まし、可能な限り御線香をあげ、対話するようになりました。
        そして、その友人に手を合わせ対話している中で、またたくさんの大切な気づきがあり
        感謝の気持ちでいっぱいになりました
        死ぬ事の"意味"なんて私には分かりませんが
        そこにもたくさんのメッセージがあり
        感謝すべき事もたくさんあると私は思います
        でも、なぜ人間はいつか死ぬ。のに、
        そして、毎日食べる。のに、
        さらに、毎日寝る。し、話す。のに
        こういう事を学校で勉強(というか、かんがえる)をそれぞれの項目ともっと真剣に向き合ってしないのか??とも感じます。
        長くなりましたが、たくさんの夢を実行していきましょう!
        そして、貢献していきましょう!!
        おやすみなさい
        • Ugay
        • 2011/01/08 10:43 PM
        風音さん♪コメントありがとうございます♪

        僕は死というものを、ロールプレイングゲーム
        の様なものとしてとらえています。

        えっ!!って言われる方も多いのですが(笑)
        そのレベルで経験しなければならない事や、
        宝物を探さないと次の場面に展開しない的な(笑)

        人生もそのように輪廻転生を繰り返しているような
        気がします。今やっとかなければ来世でも同じことを
        また繰り返す。そんなのめんどくさくて嫌です。
        今一発で済ませてしまいたいです(笑)
        なので来世ではまったく違うストーリーを
        エンジョイしたいので忘れ物なく準備しています(笑)

        不思議な事(笑)
        これでも減ったんですよ(笑)
        昔は何が現実で何が現実でないか境が解らない
        程で、頭おかしくなったんじゃないかと思って
        病院に問い合わせした程です。
        最近は何があっても驚かなくなってしまいました(笑)
        普通では見えない人もよく訪問してくるのですが、
        先日もクタクタにくたびれたスーツを
        着た七三わけの見ず知らずのおっさんに
        僕が寝ているときに、突然馬乗りで首絞められた
        んです。
        それで、「おまえ・・幽体離脱してぶん殴るぞ!!」
        って言ったら凄い勢いで逃げていきました(笑)

        またこれからも出来事を記事にしていきますので
        お楽しみに♪

        訪問ありがとうございました!!
        • DAI
        • 2011/01/08 11:45 PM
        亡くなられ方のご冥福を心からお祈り申し上げます。

        私と同い年。

        秋ごろからブログをやろうかなぁと思っていたのですが(今日はじめた)、その頃から母のことをよく思い出します。

        何でかよくわからないけれど、そういうことなんだろうなぁ。

        亡くなった人も存在し続ける。
        Ugayさんがお友達を、私が母を思い出すってことは存在している証拠。

        その存在意義は遺された者が証明するのだと。
        • tomo
        • 2011/01/09 12:09 AM
        ugayさんコメントありがとうございます。

        人間は死ぬ間際、貢献心で満たされると
        言われます。

        君が会った事があるあの祖母も
        死ぬ間際に「人が死ぬ瞬間なんてなかなか見れるものではない。おまえたちよく見てろ。」と言っていました。

        人の死ぬ瞬間は病院の先生でさえもなかなか見る機会
        は少ないと言われます。
        あの瞬間を見続け、見送ってあげる経験は
        その後も衝撃としてしばらく僕の中にとどまり
        続けましたが、今となっては非常に貴重な
        経験となったことに感謝しています。

        逆に今の時代、子供達には「死」というものが
        僕達の時代よりはるかに多く情報として入っていると
        思います。テレビゲームとして。間違った死の観念
        と、命の重みがはびこっていますね。

        昔は学校で教えなくても野原や山で遊ぶ、
        遊びの中で命の大切さを学べました。
        虫や小動物に対する扱いのなかから自然と
        学んでたんです。
        力の加減もそうですね。
        どこまでやったら傷ついていまうのか?
        死んでしまうのか?
        そんな環境が減ったこの時代の子供達が
        なんか不自由に感じてしまいます。

        UGAYさんも僕も、そして多くの方も沢山沢山
        大事な気付きを得ていますよね♪
        そんな気付きをもっとSHAREする事が
        現社会の歪みを修正するのではないかと思います♪

        多くの方の笑顔に繋がる事♪協力して何か
        一緒にやりたいね♪


        • DAI
        • 2011/01/09 12:20 AM
        TOMOさんコメント有難うございます♪

        そうですね♪
        思い出してあげる事、
        亡くなった方の教えや気付きを
        大切にする事は何よりのご供養
        になると思います。

        多くの気付きを継承していきましょうね♪
        • DAI
        • 2011/01/09 12:46 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>

        本棚

        カウンター

        ブログパーツUL5

        今日の感謝

        いつでも里親募集中

        いつでも里親募集中

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • お風呂の愉しみ♩
          Can☆
        • やっぱり。。。。
          DAI
        • やっぱり。。。。
          maki
        • やっぱり。。。。
          DAI
        • やっぱり。。。。
          DAI
        • やっぱり。。。。
          しゃぼんmama
        • やっぱり。。。。
          aco
        • 心50%
          みい
        • ブログ開設1周年♪
          maki
        • ブログ開設1周年♪
          クウニイ

        recent trackback

        recommend

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR